WordPressにクイックカートを設置

WordPressにクイックカートを設置してみたいと思います。

まず、クイックカートのフリー版をダウンロードします。

http://www.quick-solution.com/quickcartfree/

解凍すると

クイックカートファイル解凍

解凍後のフォルダ内に、このようなフォルダとファイルがあります。

まずは、cgi-binの設置場所を決めてやります。

WordPressのインストール環境により異なりますが、私の場合はWordPressは

備忘録としてブログ的な使い方をしていますので、インストールディレクトリは

/public_html/wordpress となっています。

今回は、wordpressフォルダ内にcgi-binをフォルダごとアップロードします。

パーミッションの設定等は、添付のPDFファイルを参考にしました。

但し、サーバーによって多少設定数値が異なる場合があるので、契約サーバーの「CGIを使用す場合」

とか、「パーミッションを設定する場合」などと言ったマニュアルを参考にすると良いでしょう。

クイックカートパーミッションの変更

パーミッションの設定が終わったら、カートを設置したいデザインテンプレートフォルダのトップディレクトリに、「cover.swf」、「quickcart.js」、「quickcart.swf」、「quickorder.swf」、「quickvriation.swf」ファイルをアップロードします。

それから、メーカーサイトの指示にある以下の3行を挿入します。

WordPress記述指定

1、デザインテンプレートPHPファイルに追加

今回はquickcart.jsはデザインテンプレートフォルダに置いたので

注意:<>は大文字になってます。小文字に変えて下さい。

<script src=”<?php bloginfo(‘template_url’); ?>/quickcart.js” type=”text/javascript” language=”javascript”></script>

2、cgi-binフォルダを指定してやる。

固定ページ内のカートを設置したい所に記入する。
<script type=”text/javascript”><!-- cart(‘http://www.XXXXXXXX.jp/wordpress/cgi-bin/’)
// --></script>

※URLで指定してやれば間違いなく作動します。

サイドバーに設置する場合

 同じものをPHPファイルに直接追加します。

また、ウィジットを使えば必要に応じて表示非表示を簡単に切り替えられます。

PHP実行ウィジットは色々ありますが、例えば

http://ottodestruct.com/blog/2006/04/09/fun-with-widgets/

から 「execphp」 をダウンロードしてプラグインフォルダにアップロードします。

ウィジット管理ページに「PHP Code 1」という項目が追加されているはずです。

あとは、「PHP Code 1」に上記を書き込めば使用できます。

これで、お手軽にショッピングサイトが製作可能となります。

今回の方法は一例です。 その他テンプレートタグを利用した効率的な方法は各自でお楽しみ下さい。

※レンタルサーバー会社の仕様によっては、上記の方法で正常に動作しない可能性もあります。 cgi/phpの仕様等はご利用のレンタルサーバー会社にお問い合わせ下さい。
ちなみに今回テストしたサーバーは現在私が利用中の Xserver  です。 もっと料金の安いサーバーも3社ほど利用していますが、スピードと使い勝手の良さはここが一番ですね。クライアントにも安心して進められるサーバーです。

WordPressにクイックカートを設置」への3件のフィードバック

  1. moco

    お世話になります
    クイックカートの記事とても興味深く拝見しました
    私もXserverにてWordpressを設置しました
    初心者のためよく分かりません
    ご教示いただけませんでしょうか?

    >デザインテンプレートフォルダのトップディレクトリ
    これは/wp-content/themes/の事でしょうか?

    あと
    >1、デザインテンプレートPHPファイルに追加
    たとえばsidebar.phpの事でしょうか?

    不躾なご質問とは承知しておりますが
    何卒、ご理解いただきご教示いただけませんでしょうか?

    どうぞよろしくお願い申し上げます

  2. admin 投稿作成者

    mocoさん、はじめまして。 コメントありがとうございます。

    >デザインテンプレートフォルダのトップディレクトリ
    >これは/wp-content/themes/の事でしょうか?
    WordPressを新規インストールした状態ですと、themesフォルダ内に classic と default がデザインテンプレートとして
    あると思います。
    仮に classic をウェブサイトのデザインで利用するのであれば、classicフォルダ内に 、「cover.swf」、「quickcart.js」、「quickcart.swf」、「quickorder.swf」、「quickvriation.swf」ファイルを置いて下さい。

    >1、デザインテンプレートPHPファイルに追加
    >たとえばsidebar.phpの事でしょうか?
    (1)のスクリプト記述は header.php ファイル内の <head>から</head>の間に記述して下さい。
    上の方は titleやmeta関係が記述されていますので、</head>のすぐ上あたりで良いかと思います。

    以上ですが、その他分かり難い箇所がありましたらご質問下さい。

  3. ピンバック: WordPressでのECサイト構築に便利!日本製のショッピングカートプラグイン | hT DESIGN blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です